ご 挨 拶

ご 挨 拶

 

                                                                                                                                              令  和  3  年  4  月                 

                                                                                                                                              宮城県宮城広瀬高等学校

                                                                                                                                               校  長     須   藤     尚          

 

 本校は,昭和58年(1983年)に開校し,今年度で創立39年目を迎える全日制普通高校です。広瀬川の清流に近い仙台市西部に位置し,南には蕃山,北方には船形山を望む豊かな自然環境の中にあります。JR陸前落合駅から徒歩7分と,通学の便がよく,桜並木に囲まれた広大なグラウンドがあり,また,平成25年度以降に弓道場・武道場・食堂・駐輪場・プール・テニスコート・部室棟をリニューアルし,令和元年度には体育館の全面改修を行うなど,教育環境の整備にも努めております。

 本校の校訓は「自律・自照・自愛」です。生徒一人一人が自分自身の立てた規範に従い,自己の内心を見つめながら自己啓発に努め,自分を大切にするとともに他者を尊敬する心を持つ人になってほしいという願いでつくられたものです。

   その校訓のもと,「主体的に行動できる生徒」「進路目標実現に向けて意欲的に取り組む生徒」「奉仕の精神を持つ生徒」「他人を尊重することができる生徒」の育成を目指しており,特に地域の方々との交流を重視しています。隣接する県立こども病院,拓桃支援学校との連携,公益財団法人ドナルド・マクドナルド・ハウスや落合市民センター等におけるボランティアをはじめとする様々な交流活動を通して,将来社会人として必要なマナーやコミュニケーション能力等の育成を図っています。学習指導・進路指導においても大学・短大,専門学校への進学,公務員を含めた就職など,多様な進路希望に対応できる教育課程を編成しており,生徒一人一人の進路達成を目指し,きめ細かな指導を行っています。

 昨年度来新型コロナウイルス感染拡大により,感染症予防対策を徹底した上で,それもいろいろと制限された中での学校生活が続いています。正直申し上げて,事態がこの先どうなっていくかについて楽観視することは難しいところですが,学校としては,その時点その時点において,「できること」をしっかりやっていきたいと考えています。学びを絶対に止めない――その覚悟を胸に刻んで進んでいきます。生徒のみなさんと保護者の方々そして教職員が一緒になって,制限された中でも充実した学校生活を送ることができるように努めていきたいと思いますので,どうぞ御理解と御協力のほどお願い申し上げます。

   あわせて,地域の期待に応えることができるような学校づくりに取り組んでまいりますので,皆様の御支援と御協力をよろしくお願い申し上げます。